読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

雑記

国立大学附属の学校と何が違うのだろう?

昨日は埼玉大学教育学部附属中学校の公開研究会に行ってきました(※写真は埼玉大学のイメージです。あくまでイメージです。イメージですってば)。 そこで行われている授業を見てつくづく思うのが、こういう附属学校と自分が勤めているようなしがない私立の…

【個人的メモ】Evernoteを学校で行かせる場面はどこにある?

個人的なメモ。共有できそうだしアイデアをもらえそうなので。 わざわざ年会費を払っているEvernoteユーザーなので、毎日色々と使っています。 s-locarno.hatenablog.com 最初期から使っているので、もはや学校のこと以外にもいろいろ使っているので「これが…

最近の電子辞書はすごいなぁ…

今年度、新しく電子辞書を買い換えました。 カシオ 電子辞書 エクスワード 高校生・上位モデル(ホワイト)【2017年 春モデル】 XD-G4900-WE 出版社/メーカー: カシオ メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る 本当はイタリア語辞典があるものが…

努力でどうにかできること・できないこと

こんな話を見た。 togetter.com クラスに何人かは何度言っても忘れ物がなくならない生徒はいますよね。 教員の側としては注意せざるを得ない部分はあるけど、本当にその注意が生徒のために行っているのかなぁと反省する話だ。

国語ってなんなんだよ!

昨日、一昨日の話が尾を引いいているのである。 s-locarno.hatenablog.com s-locarno.hatenablog.com 今日はちょっと読み物を変えてみました。 教育科学 国語教育 2017年 06月号 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2017/05/12 メディア: 雑誌 この商品…

うまくいかないもの

つまらないことをやっているなぁと思うのです。 授業の見込みを間違っている気がするんだよなぁ……。

身体の疲れが抜けませぬ

昨日は出張で遠出(というほどでもないけど)。GWが明けてようやく本日休み。 来週も拘束時間が長いため、ちょっと体調に不安が出てきそうな感じがする。 何よりも考査が近いのでその準備が……まあ、問題内容はできているのですが。 どうやって体の疲れを抜い…

今年度の挑戦その2

昨日に引き続き、挑戦ネタです。 s-locarno.hatenablog.com ようやく別のことに一段落ついたので、棚上げしていた挑戦に手が出せます。 それは……

飛ばしすぎることに注意

週の半分が何とか終了。GW明けということもあって、仕事の帳尻を合わせようとしているせいか、どうもハイペースで仕事をしすぎな気はする。 このペースで休みなく数日やってしまうと、ダウンしてしまうような気がする。

連休明けの一コマと雑感

今日から連休が明けて授業が再開です。 今年はかなり連休が続いたので、生徒にとってはよいリフレッシュになったはずです。

平日に勉強時間を確保するテクニック

ゴールデンウィークが終わりますね。 次の休みはいつだろうかと考えだすと心が暗くなるので、できるだけ前を向いて日々を暮らしていきたいと思います。 さて、連休が終わるとこうやって余裕をもって本を読んだり考え事をしたりする時間を持つことが難しくな…

お粗末扱いされる教育現場

こんな記事を見た。 diamond.jp 多少の煽りもあるのだろうけど 現在、最も頭のいい人たちは医学部を目指します。次が法学部、工学部と続いて、最後に教育学部となります。 これは各大学の学部ごとの偏差値を見れば明らかです。 現在の日本の教育プログラムが…

余裕のない学校は負の連鎖を引き起こしやすいよね

GWの谷間。なにが1日、2日休めば9連休だ。学校に対して喧嘩売っている。そして、そんなことを煽るから生徒がこの二日間学校を休むのだ。2日間休めばなんて簡単に言うんじゃない!!社会的責任はどうなっている!! と、まあ、余裕のなさをアピールしてみ…

たまにはビジネス誌を読むのもいいんじゃないかな

個人的に、お手軽なビジネス誌を読むのは好きです。学校でばかり生活してきたので、あまり教育以外でお金を稼ぐイメージがないので、他業種の勉強をするのは悪くはないかなぁと思っています。

GWこそ自分の勉強を…

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 お題に答える形で……そもそもGW、何それ、おいしいの?状態であるのは否定できないのだけど。

少しだけ耳の痛い話を

たまには嫌な話を。全然、何を言っているかわからないように書きます。

【書評】大学生はバイトばかりではないよ?『先生は教えてくれない大学のトリセツ』

先生は教えてくれない大学のトリセツ (ちくまプリマー新書) 作者: 田中研之輔 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/04/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 今週末はプレミアムフライデーだそうですけど、そんなものはなかった。ものよりも思…

ついに出たか…奨学金の延滞率

ついに出したのか…という感じです。 toyokeizai.net 下品なランキングだという気持ちもあるけど、一方で安易な進路選択を考え直してもらうにはよい資料なのかもしれない。

世の中すっかり新学習指導要領に…

新学期…授業が重い。上手く回らなかったのは自分のせい。 おかげで表にかけるようなこともなく……。 そんな中、今日、ベネッセから来ている『VIEW21』の最新号を読んだ。 berd.benesse.jp タイトルからみて分かるように新学習指導要領をキーワードから丁寧に…

ブログを書いて九か月、勉強は続くが…

ブログを書き始めて気づいたら九か月。あと三か月で一年です。 とりあえず、毎日書いていますが、現状は日々に追われて青色吐息です。どうもインプットが減っているときは書ける量と質がいかん…。 見通しが立てばもう少し落ち着いて勉強ができるかなぁ…と思…

授業開きの一週間は気を遣う…

怒涛のうちに一週間が終わりましたね……。 授業開きの一週間は慣れた親しんだメンバーとはいえ、何となく気を使っていつも以上に疲れるような感じがします。 このあたりの気疲れというか、疲弊感はやっぱり経験の少なさのせいでしょうか。今年で担任二年目の…

今更、自己紹介と言われても?

今週のお題「自己紹介」 生徒の前で自己紹介することがほとんどないのです。初めての生徒に対しても自己紹介をあまりしないのですよね、自分。 力んで人前で話すのが恥ずかしいというか、名乗るほどのものでもないと言いますか……。

忙しいけど目を通さないといけない…

あまり忙しとは言いたくないけど、気を使っている分だけちょっと手間がかかる。 平成29年版 学習指導要領改訂のポイント 小学校・中学校 国語 (『国語教育』PLUS) 作者: 『国語教育』編集部 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2017/04/12 メディア: 単…

怒涛の授業開き…

やっぱり授業開きは緊張しますね……慣れない。 授業開きでなくても、単元開きでもかなり毎回緊張するので、授業開きはなおのこと緊張します。 特に今年は去年までの流れをぶった切って新しいことに挑戦しよう&してもらうということなので、気持ちとしてはも…

そういえば授業準備は?

この時期は精神的に忙しい(実際、細々と思い通りにならないこともあるから予定が消化しにくいんだけど)。 結果的に気づいたら月曜日から授業だというのに、あまり授業に対してエネルギーを使えていないような気がしてきました。 のんびりしすぎたというか…

新学期が始まりました。そう、やっとね…

忙しいような忙しくないような…。どちらかと言えば忙しい?でも、本当に忙しい人よりは忙しくはないのかな。何となく、テンポがズレてグダグダしている感じですね…。 新学期の学級開きをしてきました。

まだだ…まだ始まらんよ!!~学級開きに話したいことを考える日々~

まだ新学期になりません。仕事はあるっちゃあるけどそろそろ飽きます…。 新学期のやる気も時期を逃すと段々と間延びしていきます。 大人である自分であってもそんな調子なのですから、生徒のやる気もきちんと上手く機能させてあげないと、あっという間に時期…

ブログや授業のアイデアをまとめるテクニック

地味に始業式が遠いわが勤務校……。生徒が来ないので飽きてきた(笑) 生徒が来ないと授業のネタのブログも書けないので、舞台裏のような雑談です。便利なツールやライフハックを見つけては試したい人間なので、自分のやっていることも話したいのです(笑) アイ…

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~月間カレンダー活用編~

間が空きましたが、「高校生のための手帳活用術」です。 s-locarno.hatenablog.com s-locarno.hatenablog.com 今回は「月間カレンダー」の活用術の解説です。

エイプリルフールですね

なぜか土曜日なのに今日から仕事です。 今年度は新天地で頑張ります。 この時勢において、詰め込みしか解決策を示せないのも嫌だなぁと思うので、少しずつ自分自身が新しいことを勉強していきます。 できる先生が実はやっている 学級づくり77の習慣 作者: …

新学期に向けて揃えておきたい教員向けの事務用品

気付けば今週の土曜日からあっという間に新年度ですね…。恐ろしい…。 今年度の反省を活かして、来年度こそは立派な教員になりたいものです(どこに行くかはわかりませんが…)。 国語教育のブログを標榜しながら、今年度、一番人気だった記事は実は以下の記事…

一年間が終わる

本日は修了式。 学校にとっては一年の終わりだ。 学校を去る人ばかりが目に付くのが修了式という日だと思う。送り出すのではなく去られてしまうということが心情的には難しいところだ。

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~手帳選び編~

昨日に引き続き、手帳について考えていきます。 s-locarno.hatenablog.com 今日は「受験勉強に必要な要素」という観点からの手帳選びを考えてみようと思います。

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~前説編~

来年度のことをそろそろ考えています。 普段、単元学習だとかアクティブラーニングだとか言ってあまり入試のことをいってはいない自分ではありますが、勤務校は大学入試と縁を切れない学校にいます。 そんな学校にいるので、新年度の指導としては「大学入試…

新年度に向けて

もう三月もあと10日くらいですね。すなわち、新年度まであと10日程度ということです。 いろいろと新年度に向けて準備をしているところだと思います。自分も初めての一年を何とか無事に終えられそうです。そして、また、新しい一年に向けて駆け出していく…

「振り返りジャーナル」の魅力と教室のコミュニケーション

事務仕事がやたらと多い学年末という感じがする今日この頃、あまり読書が進んでおりませんが先日この本を読んだ。 「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス) 作者: 岩瀬直樹,ちょんせいこ 出版社/メーカー: ナツメ社 発…

「観」を鍛える

時間がない時の雑記シリーズ。 年度末ってどうしてこう忙しいのでしょう。スケジュールに無茶があると思うんだ。毎年、同じように無茶しているのに改善しない体質ってどうなの?(笑) そんな忙しい時にこんな記事を見た。 ict-enews.net ICTって便利だなぁ…と…

気づいたら8か月経過していたようです

成績処理などで立て込んできましたね。 そんなわけでこんな時間の更新です。ですから、端的に言えば手抜きである。 が、たまに振り返りをするのは大切なのでお付き合いください。

授業観を変えることの難しさ

授業観を変えるのは難しい。だけど、悠長なことは言っていられない。

文学をめぐって

しばらく授業もないのでブログも手抜きモード。 こんな記事を見た。 私は国語に苦手意識があります。 なかでも、物語文は大の苦手。着地が見えない。正解が分からない。 海の命 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 この言葉は非常によくわかる。 国語の教員ら…

今年度最後の授業終了

つ…疲れた……。 今日、5コマ授業をこなして今年度の授業がすべて終了しました。 生徒にはかなり苦労を掛けました。

情報収集の方法についての覚書

嵐の前の休み。 来週からエネルギーを使い果たすことになるので、本日はゆっくりとメンテナンスという感じ。 久々の休みということもあるので情報収集も併せてしております。 自分の情報収集の仕方を紹介するので、もし、「これが抜けているだろ」ということ…

体験しなければ分からないことはある

今年度の授業が終わり始める。今日で一クラスがおしまい。もう来週も早いうちに今年度が終了です。 やっと終わったというような感覚。密度が高い……というほど授業のことばかりに集中できていない気もするが、体調が悪い中、悪化させずに乗り切ったとも思う。…

クラスの流動性と教える側の過剰な期待

一年間、複数のコースにまたがって指導をしてきたからこそ思うことがある。 自分が持っているクラスは、いわゆる特進クラスと普通クラスの二種類だ。こうやって二つのコースを比べてしまうと、色々とその違いに驚くことはあるけれども、そんなときにふと思い…

生徒の話し合いを打ち切るタイミング

知識構成型ジグソー法の授業もいよいよ大詰め。 エキスパート活動で生徒が話し合ったことをジグソー班に戻って共有し、大テーマについて解答をする段階に。 ジグソー法はきちんと一人一人が話す言葉を持てることがいいですね。内容の深まりについては課題の…

明日から三月に~高校を卒業する生徒へ勧める本

いよいよ明日から三月。そして卒業式。 まだ、大学入試の結果も出揃っていない時期に卒業式というのも複雑な気持ちになるものですが、新しい進路に向けて頑張ってほしいところです。 そんな大学を目指す人へ読んで欲しい本をいくつか紹介します。

【ネタばれなし】『ビブリア古書堂の事件手帖』からの卒業

今週のお題「卒業」 お気に入りのシリーズが終わってしまうのは寂しいものだ。 ある意味で「卒業」みたいなものだよね? ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) 作者: 三上延 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/…

知識構成型ジグソー法と一年の手応え

一年間が終わる。 発表を最後の課題にしているクラスとは別のクラスでは知識構成型ジグソー法による読解の授業を展開しています。 CoREF - 知識構成型ジグソー法 協調学習とは: 対話を通して理解を深めるアクティブラーニング型授業 作者: 三宅なほみ,東京大…

図書館の使用率を上げたいなぁ…

最後の単元もあと2週間。2週間といっても週に2コマしかないのでいよいよカウントダウンという感じ。 今年の振り返りということもあって、色々なデータを見直しているのですが、そこで気になるのが図書室の利用率なんです。

今の生徒に人気の本は何?

リーディング・ワークショップでよく読まれている本の記録。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.