読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

【書評】大学生はバイトばかりではないよ?『先生は教えてくれない大学のトリセツ』

先生は教えてくれない大学のトリセツ (ちくまプリマー新書) 作者: 田中研之輔 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/04/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 今週末はプレミアムフライデーだそうですけど、そんなものはなかった。ものよりも思…

【書評】プログラミング教育の必要性を体感できる一冊かも?

世界が変わるプログラム入門 (ちくまプリマー新書) 作者: 山本貴光 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/04/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 昨日遅くまで働いたので疲れが抜けないので、普段とは違うことをやって気分転換。 最…

背伸びをさせるか、無理をさせないか、表面を取り繕うか

タイトルの通り。 定番教材の「手の変幻」の取り扱いに迷う。 やらせたいこと、身に付けさせたいことは決まっているのだけど、適する教材の候補の選び方に困る。 そうしてこんな時間である。今日、土曜日だぜ……。

あぁ…公欠、公欠、そして公欠

今週のお題「部活動」 今週のお題を見たときに「えぇ…」と思ったよ。 世の中、これだけ部活動問題が話題になっているのに、部活動ネタを振るとは荒れそうな……それとも世の中に部活動問題なんて認知されていないのでしょうか。

ついに出たか…奨学金の延滞率

ついに出したのか…という感じです。 toyokeizai.net 下品なランキングだという気持ちもあるけど、一方で安易な進路選択を考え直してもらうにはよい資料なのかもしれない。

全国学力・学習状況調査の中学校の問題を眺めて

昨日、全国学力調査が行われましたね。 まだきちんと読み切ってはいないのですが、軽く思ったことをメモ。 www.nier.go.jp

対話を授業に取り入れるための批評読み

質の高い対話で深い学びを引き出す 小学校国語科「批評読みとその交流」の授業づくり (国語教育選書) 作者: 河野順子 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2017/03/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 新しい授業を模索中。小学校の実践は高…

世の中すっかり新学習指導要領に…

新学期…授業が重い。上手く回らなかったのは自分のせい。 おかげで表にかけるようなこともなく……。 そんな中、今日、ベネッセから来ている『VIEW21』の最新号を読んだ。 berd.benesse.jp タイトルからみて分かるように新学習指導要領をキーワードから丁寧に…

【書籍紹介】平原卓『読まずに死ねない哲学名著50冊』は現代文のお供に?

あっという間に休みが消えた…。 読まずに死ねない哲学名著50冊 (フォレスト2545新書) 作者: 平原卓,横槍メンゴ 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2016/03/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 表紙買いしたこの一冊をご紹介。

ブログを書いて九か月、勉強は続くが…

ブログを書き始めて気づいたら九か月。あと三か月で一年です。 とりあえず、毎日書いていますが、現状は日々に追われて青色吐息です。どうもインプットが減っているときは書ける量と質がいかん…。 見通しが立てばもう少し落ち着いて勉強ができるかなぁ…と思…

授業開きの一週間は気を遣う…

怒涛のうちに一週間が終わりましたね……。 授業開きの一週間は慣れた親しんだメンバーとはいえ、何となく気を使っていつも以上に疲れるような感じがします。 このあたりの気疲れというか、疲弊感はやっぱり経験の少なさのせいでしょうか。今年で担任二年目の…

今更、自己紹介と言われても?

今週のお題「自己紹介」 生徒の前で自己紹介することがほとんどないのです。初めての生徒に対しても自己紹介をあまりしないのですよね、自分。 力んで人前で話すのが恥ずかしいというか、名乗るほどのものでもないと言いますか……。

忙しいけど目を通さないといけない…

あまり忙しとは言いたくないけど、気を使っている分だけちょっと手間がかかる。 平成29年版 学習指導要領改訂のポイント 小学校・中学校 国語 (『国語教育』PLUS) 作者: 『国語教育』編集部 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2017/04/12 メディア: 単…

「たった一つ変えるだけ」で本当に変わるかもしれない?

授業開きを終えて、粛々と授業を進めております。 何度も言っているけど、今年度は継続して「質問づくり」に取り組みます。 たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」 作者: ダンロスステイン,ルースサンタナ,Dan Rothstein,Luz Santan…

怒涛の授業開き…

やっぱり授業開きは緊張しますね……慣れない。 授業開きでなくても、単元開きでもかなり毎回緊張するので、授業開きはなおのこと緊張します。 特に今年は去年までの流れをぶった切って新しいことに挑戦しよう&してもらうということなので、気持ちとしてはも…

【書評】読書の苦手意識を打ち破ろう!

明日からいよいよ授業です。今年度も無事、一年間過ごせるように努力していきます。 昨年度はリーディング・ワークショップに取り組み、少しずつ生徒に読書に親しんでもらいました。 s-locarno.hatenablog.com 今年もまとまって継続的に…とはいかなくても、…

そういえば授業準備は?

この時期は精神的に忙しい(実際、細々と思い通りにならないこともあるから予定が消化しにくいんだけど)。 結果的に気づいたら月曜日から授業だというのに、あまり授業に対してエネルギーを使えていないような気がしてきました。 のんびりしすぎたというか…

新学期が始まりました。そう、やっとね…

忙しいような忙しくないような…。どちらかと言えば忙しい?でも、本当に忙しい人よりは忙しくはないのかな。何となく、テンポがズレてグダグダしている感じですね…。 新学期の学級開きをしてきました。

まだだ…まだ始まらんよ!!~学級開きに話したいことを考える日々~

まだ新学期になりません。仕事はあるっちゃあるけどそろそろ飽きます…。 新学期のやる気も時期を逃すと段々と間延びしていきます。 大人である自分であってもそんな調子なのですから、生徒のやる気もきちんと上手く機能させてあげないと、あっという間に時期…

ブログや授業のアイデアをまとめるテクニック

地味に始業式が遠いわが勤務校……。生徒が来ないので飽きてきた(笑) 生徒が来ないと授業のネタのブログも書けないので、舞台裏のような雑談です。便利なツールやライフハックを見つけては試したい人間なので、自分のやっていることも話したいのです(笑) アイ…

授業が始まる前に読んでおきたい一冊をあげるなら

普段と趣向を変えて。 新学期が始まるまであと数日という方が多いと思いますが、読書は進んでいるでしょうか? この新学期の始まる直前の、あと二、三日で読める本で、個人的に読んでおいたほうがよい本を紹介します。

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~月間カレンダー活用編~

間が空きましたが、「高校生のための手帳活用術」です。 s-locarno.hatenablog.com s-locarno.hatenablog.com 今回は「月間カレンダー」の活用術の解説です。

「アクティブ・ラーニング」を議論するのは疲れる

今年度初めてのアクティブ・ラーニング議論

エイプリルフールですね

なぜか土曜日なのに今日から仕事です。 今年度は新天地で頑張ります。 この時勢において、詰め込みしか解決策を示せないのも嫌だなぁと思うので、少しずつ自分自身が新しいことを勉強していきます。 できる先生が実はやっている 学級づくり77の習慣 作者: …

新年度は職員室での生産性を上げよう

新年度はプレミアムエブリデーを目指そう。

「まんが」でわかる?教員の仕事と役割

まんがで知る教師の学び これからの学校教育を担うために 作者: 前田康裕 出版社/メーカー: さくら社 発売日: 2016/03/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か 作…

高校を退学することのダメージの大きさと高校教員として考えること

先日、こんな記事を見た。 president.jp 現在は少子化の影響もあり高等学校卒業程度認定試験、5万人ほどになっています。しかし、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。依然として大きなハンデを負い、生きていかざるを得な…

教員の知らない学校の話

新年度に向けて勉強中です。普段は手に取れないような本を読むようにしています。 今日、読んで印象に残った本がこれ。 本当の学校事務の話をしよう: ひろがる職分とこれからの公教育 作者: 柳澤靖明 出版社/メーカー: 太郎次郎社エディタス 発売日: 2016/06…

新学期に向けて揃えておきたい教員向けの事務用品

気付けば今週の土曜日からあっという間に新年度ですね…。恐ろしい…。 今年度の反省を活かして、来年度こそは立派な教員になりたいものです(どこに行くかはわかりませんが…)。 国語教育のブログを標榜しながら、今年度、一番人気だった記事は実は以下の記事…

リーディング・ワークショップ記事まとめ

リーディング・ワークショップ総まとめ

高校におけるリーディング・ワークショップ実践~振り返りその5・生徒からのアンケート結果まとめ~

リーディング・ワークショップの生徒の感想のまとめです

一年間が終わる

本日は修了式。 学校にとっては一年の終わりだ。 学校を去る人ばかりが目に付くのが修了式という日だと思う。送り出すのではなく去られてしまうということが心情的には難しいところだ。

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~手帳選び編~

昨日に引き続き、手帳について考えていきます。 s-locarno.hatenablog.com 今日は「受験勉強に必要な要素」という観点からの手帳選びを考えてみようと思います。

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~前説編~

来年度のことをそろそろ考えています。 普段、単元学習だとかアクティブラーニングだとか言ってあまり入試のことをいってはいない自分ではありますが、勤務校は大学入試と縁を切れない学校にいます。 そんな学校にいるので、新年度の指導としては「大学入試…

新年度に向けて

もう三月もあと10日くらいですね。すなわち、新年度まであと10日程度ということです。 いろいろと新年度に向けて準備をしているところだと思います。自分も初めての一年を何とか無事に終えられそうです。そして、また、新しい一年に向けて駆け出していく…

『ようこそ,一人ひとりを生かす教室へ』は『学び合い』とつながる?

一人ひとりを生かすということの難しさ

高校におけるリーディング・ワークショップ実践~振り返りその4・カンファランスの仕方~

しばらく間が空きましたが、だいぶ引っ張ったリーディング・ワークショップのカンファランスについての振り返りです。 一番、頭を悩ませ、終わってみてもイマイチまだまだ手応えが分からないのがカンファランスでした。たぶん、継続した期間が短いというのが…

「振り返りジャーナル」の魅力と教室のコミュニケーション

事務仕事がやたらと多い学年末という感じがする今日この頃、あまり読書が進んでおりませんが先日この本を読んだ。 「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス) 作者: 岩瀬直樹,ちょんせいこ 出版社/メーカー: ナツメ社 発…

「観」を鍛える

時間がない時の雑記シリーズ。 年度末ってどうしてこう忙しいのでしょう。スケジュールに無茶があると思うんだ。毎年、同じように無茶しているのに改善しない体質ってどうなの?(笑) そんな忙しい時にこんな記事を見た。 ict-enews.net ICTって便利だなぁ…と…

気づいたら8か月経過していたようです

成績処理などで立て込んできましたね。 そんなわけでこんな時間の更新です。ですから、端的に言えば手抜きである。 が、たまに振り返りをするのは大切なのでお付き合いください。

高校におけるリーディング・ワークショップ実践~振り返りその3・カンファランスのための「読書記録」について~

カンファランスの前の準備としての読書記録の工夫。アトウェルの実践の洗練具合を実感しました。

日本の高校生は不真面目なのか?

勉強しないのは子どものせいではないと思っている。

高校におけるリーディング・ワークショップ実践~振り返りその2・ミニ・レッスン~

リーディング・ワークショップの「ミニ・レッスン」についての記録。

高校におけるリーディング・ワークショップ実践~振り返りその1~

リーディング・ワークショップを振り返る。一回目は授業者の感想。

『学び合い』の失敗もALの失敗も根は同じ?

失敗から学ぶ。結局、『学び合い』であろうとなかろうと、失敗は同じ。

授業観を変えることの難しさ

授業観を変えるのは難しい。だけど、悠長なことは言っていられない。

文学をめぐって

しばらく授業もないのでブログも手抜きモード。 こんな記事を見た。 私は国語に苦手意識があります。 なかでも、物語文は大の苦手。着地が見えない。正解が分からない。 海の命 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 この言葉は非常によくわかる。 国語の教員ら…

今年度最後の授業終了

つ…疲れた……。 今日、5コマ授業をこなして今年度の授業がすべて終了しました。 生徒にはかなり苦労を掛けました。

レポートの指導をどう考えるか

高校生へのレポートを四苦八苦。

RW終了!これからだというのに…

本日で三学期にずっと実施してきた週一度のリーディング・ワークショップが終了! 全部で7時間分でしたから、授業数からすれば全体の30%くらいはRWに充てた計算になります。 終わってみれば多かったような少なかったような……

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.