読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

RW終了!これからだというのに…

授業記録 国語教育

Reading

本日で三学期にずっと実施してきた週一度のリーディング・ワークショップが終了!

全部で7時間分でしたから、授業数からすれば全体の30%くらいはRWに充てた計算になります。

終わってみれば多かったような少なかったような……

続きを読む

情報収集の方法についての覚書

雑記

Information Vancouver

嵐の前の休み。

来週からエネルギーを使い果たすことになるので、本日はゆっくりとメンテナンスという感じ。

久々の休みということもあるので情報収集も併せてしております。

自分の情報収集の仕方を紹介するので、もし、「これが抜けているだろ」ということがあれば教えてください。

続きを読む

体験しなければ分からないことはある

教育一般 授業構想メモ 雑記

Experience

今年度の授業が終わり始める。今日で一クラスがおしまい。もう来週も早いうちに今年度が終了です。

やっと終わったというような感覚。密度が高い……というほど授業のことばかりに集中できていない気もするが、体調が悪い中、悪化させずに乗り切ったとも思う。

それもこれも肩の力を抜いているという側面が大きいとは思うけど、なかなかこの肩の力の抜き方というのは分からない。

続きを読む

クラスの流動性と教える側の過剰な期待

授業記録 雑記 教育一般

Flow

一年間、複数のコースにまたがって指導をしてきたからこそ思うことがある。

自分が持っているクラスは、いわゆる特進クラスと普通クラスの二種類だ。こうやって二つのコースを比べてしまうと、色々とその違いに驚くことはあるけれども、そんなときにふと思いつくことがあった。

続きを読む

生徒の話し合いを打ち切るタイミング

授業記録 国語教育 雑記

discussing

知識構成型ジグソー法の授業もいよいよ大詰め。

エキスパート活動で生徒が話し合ったことをジグソー班に戻って共有し、大テーマについて解答をする段階に。

ジグソー法はきちんと一人一人が話す言葉を持てることがいいですね。内容の深まりについては課題の設定の工夫が必要だったりと面倒なことも多いのですが、話すことへの手応えを伝えるにはいいなぁと思います。 

協調学習とは: 対話を通して理解を深めるアクティブラーニング型授業

協調学習とは: 対話を通して理解を深めるアクティブラーニング型授業

 

おかげで話し合いはそれなりに盛り上がっているし、実のある内容を話しているなぁと手前みそにも評価したくなるくらいにはやってくれています。

しかし、その一方で困ってしまうのが、それだけ話し合いが盛り上がったとしても時間は有限だということです。

続きを読む

質問する力を鍛える ~「Q思考」のススメ~

書評

Question mark sign

今年一年の授業の反省をしている。

自分にとっては、この一年は仕切り直しの一年だったので、勤務校では初めての試みをしてみたこともあった。

しかしながら、一年を通して旧態依然の内容と新しいことの奇妙な混合できてしまったことを大いに反省しなければいけないなぁと思っている。その最たるものが、「生徒に質問を考える時間を与える」ということについてあまり考えてこなかったことのように思う。

続きを読む

明日から三月に~高校を卒業する生徒へ勧める本

雑記 書評

The Graduates

いよいよ明日から三月。そして卒業式。

まだ、大学入試の結果も出揃っていない時期に卒業式というのも複雑な気持ちになるものですが、新しい進路に向けて頑張ってほしいところです。

そんな大学を目指す人へ読んで欲しい本をいくつか紹介します。

続きを読む
Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.